普段暮らしている中では、なかなか乗る機会のない、救急車。救急患者さんは、どのような流れで、病院までたどりつくのでしょうか?今回の記事では、病院外での救急活動(プレホスピタル)のリアルについて、現場の目線から解説します。

寄稿:園生 智弘

TXP Medical 代表取締役医師。救急科専門医・集中治療専門医。
東京大学医学部卒業。東大病院・茨城県日立総合病院での臨床業務の傍ら、急性期向け医療データベースの開発や、これに関連した研究を複数実施。2017年にTXP Medical 株式会社を創業。2018年内閣府SIP AIホスピタルによる高度診断・治療システム研究事業に採択(研究代表者)。日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。全国の救急病院にシステムを提供するとともに、急性期医療現場における適切なIT活用に関して発信を行っている。

目次▼

  • 救急外来に来る方法の内訳
  • 119番が鳴った後、救急車の中では、何が起きてるの?
    1. 119番通報~救急車運び入れまで
    2. 救急車運び入れ~病院到着まで

救急外来に来る患者さんの内訳

 そもそも、24時間365日、休日や夜間も緊急の患者を受け入れている病院救急外来には、どのような人たちが来るのでしょうか?

 「救急外来」という言葉を聞くと、救急車で運ばれてくる人ばかりな印象を持つかもしれませんが、実は救急外来に来る患者さんの多くは、歩いて病院に来る人(walkinと呼ばれます)になっています。

 私が働く日立総合病院を例にとると、下記のような割合になっています。

救急患者の来院手段の内訳(日立総合病院の例)

 「walkin」と呼ばれる患者さんは、症状が重い人・軽い人様々です。患者さんは自分で重症や緊急の程度を判断することはできないため、夜間・休日に受診される患者さんは、全て病院救急外来へ訪れることになります。日本では、夜間・休日の医療需要はほぼ全て中〜大病院の救急外来という場所で担われています。

119番が鳴った後、救急車の中では、何が起きてるの?

 では、救急車で救急外来に来る場合、119番がかかってから救急車が病院に到着するまで、どのようなことが行われているのでしょうか?ここからは、救急隊がどのようなことをしているか、救急車の中では何が起こっているのか、説明します(病院で何が起きているかは、次回の記事で解説します。)。

 救急隊の一通りの流れは、以下のようになっています。それぞれ詳しく解説していきます。

119番通報から病院搬送までのプロセス概要

①119番通報~救急車運び入れまで

 119番通報がなったら、災害救急情報センター(消防署に併設されているケースが多い)が電話を受け、救急の場合は現場近くの消防署に救急車の出動指令が出ます。通常救急隊は、3人で構成され(うち1人は救急救命士の資格を持っていることが望ましい)、救急車1台で現場に向かいます。

 救急隊が患者さんのところへ着くと、本人や近くにいる人から事情を聴き、救急車に運び入れます。中には、交通事故や山林事故の現場から患者さんを救出したり、狭い階段を搬送したりすることもあり、とても大変です。

 救急患者を救急車に搬入した後は、搬送先病院の選定を行います。救急車は、必ずしも近くの病院に行くわけではありません。患者さんの予測される重症度、緊急度と地理的条件の組み合わせで最適な搬送先を決定します。

 救急病院側も、受け入れ可能な患者さんの重症度によって3種類にわかれています。救急車の患者さんは主に二次救急以上の病院に搬送されますが、この二次救急病院には年間1万台の救急車を受け入れてICUや手術対応も可能な病院から、一日1台も救急車を受けておらず、時間外は血液検査もできない病院までとても幅が広いのが実情です。

 重症度、緊急度が高ければ原則として一番近い三次救急病院に搬送しますが、それでもお断りとなるケースもあります。三次救急搬送の症例以外の場合は原則として最も近い二次救急病院に搬送となりますが、前記した通り病院によるキャパシティの差も大きく、地域で長く働く救急隊と病院医師の顔の見える関係に基づく暗黙知のようなものもあります。

 いずれにせよ、患者さんの状態や家族からの情報をもとに救急隊が順次病院に電話をします。

日本の救急医療体制

 この電話の際、救急隊は、

  • 主訴・・・患者さんが申し立てる主要な症状
  • 現病歴(傷病経過)・・・今の症状の経過について
  • 既往歴・基礎疾患・・・過去に罹患した病気や、現在通院している病気
  • バイタルサイン(意識障害レベル(JCS)、体温、心拍数または脈拍数(HR)、血圧(BP)呼吸数、経皮的動脈血酸素飽和度(サチュレーション、SpO2))
  • (あれば常用薬)
  • 付き添い者の情報、社会背景(昨今であればコロナの接触状況など)

を病院に電話で伝えて、受け入れ可否が決定します。救急隊が病院に電話で伝えることは、基本的に全国どこでも共通の内容です。

救急隊による受入要請時の伝達事項

 いわゆるたらい回し(この言葉自体はあまり良い言葉ではないのですが)の起こる原理として、一回の電話で結論が出るまでの時間が1つの病院に対して3-5分かかり、一回の電話で受け入れ病院が決まらなければ、二回三回と電話が必要となり雪だるま式に時間がかかってしまうことが原因です。

②救急車運び入れ~病院到着まで

 救急救命士資格を持つ救急隊員は、救急車内で医師の指示のもと救急救命行為を行うことが可能です。救急隊は、病院での搬送中も、病院や救急センターにいる医師と電話で連絡を取りながら、

  • 電気ショックによる除細動
  • 器具などを使って気道の確保
  • 薬剤(アドレナリン)の投与
  • ブドウ糖の投与

等の救命処置も行います。

(参考:救急体制

 今回の記事では、救急隊が、救急車の出動指令が出てから、救急車が病院に着くまでを解説しました。次回は、病院の救急外来で、主に病院で働く医療従事者はどのようなことをしているかについて、解説します。