対談:松山 匡(Matsusyama Tasuku, MD PhD)

京都府立医科大学救急医療学教室
2009年京都府立医科大学医学部医学科卒。同大学附属病院救急部にて研修を行い救急専門医を取得。同教室博士課程入学後、トロント大学小児臨床薬理学教室での研修並びに京都大学大学院社会健康医学系博士課程国内留学を通して主に救急・蘇生に関する研究を行う。またEmergency Medicine Allianceのコアメンバーとしても活動し、COVID-19のアウトブレイク時にはEmergency Medicine Practiceの和訳を行い公開している。2020年にはAmerican Heart Associationから心肺蘇生・集中治療・周術期領域において最も優れた若手研究者1名に贈られるMAX Harry Weil Awardを受賞。2017年度よりInternational Liaison Committee On ResuscitationのSystematic Review Menteeとして、また2020年度よりEIT(Education, Implementation, and Teams)部門のTask Forceメンバーとして国際心肺蘇生ガイドラインのエビデンス集約・骨子作成に寄与している。

reserch map:
https://researchmap.jp/taskmyama/published_papers

Articles:
1. Matsuyama T et al. Impact of Low-Flow Duration on Favorable Neurological Outcomes of Extracorporeal Cardiopulmonary Resuscitation After Out-of-Hospital Cardiac Arrest: A Multicenter Prospective Study. Circulation. 2020 Mar 24;141(12):1031-1033.
2. Matsuyama T et al. Pre-Hospital Administration of Epinephrine in Pediatric Patients With Out-of-Hospital Cardiac Arrest. J Am Coll Cardiol. 2020 Jan 21;75(2):194-204.
3. Matsuyama T et al. Sex-Based Disparities in Receiving Bystander Cardiopulmonary Resuscitation by Location of Cardiac Arrest in Japan. Mayo Clin Proc. 2019 Apr;94(4):577-587.
4. Izawa J. Matsuyama T (among authors). et al. Pre-hospital advanced airway management for adults with out-of-hospital cardiac arrest: nationwide cohort study. BMJ. 2019 Feb 28;364:l430.
5. Kitamura T. Matsuyama T (among authors). et al. Public-Access Defibrillation and Out-of-Hospital Cardiac Arrest in Japan. N Engl J Med. 2016 Oct 27;375(17):1649-1659

インタビュアー:後藤 匡啓(MD, MPH, PhD)

福井大学医学部卒業後、同附属病院救急部にて研修。Emergency Medicine Alliance・Japanese Emergency Medicine Networkのコアメンバーとして活動し、JEMNet論文マニュアルを執筆。救急専門医取得後、ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程に進学すると同時にマサチューセッツ総合病院救急部にて臨床研究に従事。帰国後は東京大学大学院臨床疫学経済学講座にて研究活動を行い、現在同講座及びTXP Medical社のChief Scientific Officerとしてデータ解析や臨床研究の指導を行っている。

▼この記事の関連記事はこちら
蘇生領域の臨床研究最前線(中編)
蘇生領域の臨床研究最前線(後編)

蘇生領域におけるこれまでの臨床研究

松山 匡先生  

【後藤】松山先生、よろしくお願いします。蘇生は色々な先生方が興味を持って研究されているので各先生方に話を伺いたいんだけど、まずはEmergency Medicine Alliance(若手救急医の団体)で一緒に活動してきて個人的にも突っ込んだ話がしやすい松山先生に蘇生研究の話を聞きたいと思って笑。
【松山】いやいや…よろしくお願いします。
【後藤】せっかくだから蘇生のこと色々教えてください。先生に教えていただいた知識をもとに他の先生方にも色々聞いてみたいと思っています。ところで、今の日本の救急・蘇生研究の現状というか、雰囲気はどんな感じですか?

【松山】そうですね…流れとしては全国ウツタイン(注1)を中心としたプレホスピタルデータ一辺倒という状況がやっぱりしばらく続いてましたね。実際ウツタインはプレホスピタルのデータとしては世界で一番なんですよ。世界で一番欠損値が少ない全国データで、全例あるっていう。もう15年ぐらい経過してますけど、未だに負けるところがないなというレベルのデータですね。その一方でウツタイン使って最初の方に良い論文が出てしまい、そこからデータとしての工夫がなかったというか…。やっぱり、後から海外から出てきた論文読むとプレホスピタルとインホスピタルデータを上手く連結させて使っているんですよね。
【後藤】プレホスピタルだけでは医療は完結しないしね。
【松山】そうなんです。プレホスデータだけでもう物を言うなみたいな風潮にはやっぱりなってきて、ウツタインを使っただけの研究は尻すぼみになっている雰囲気は感じますね。

【後藤】今は海外の方が勢いがあるんですか?主要な雑誌を見てるとそういう印象はあるけど。
【松山】そうですね。Circulationとか、いわゆる蘇生系でもワンランクツーランク上の所に出せるのがやっぱり海外ですし、大規模ランダム化比較試験も海外しかほとんどやらないので、いわゆる四大ジャーナルとかに載せるところも海外が目立ちます。
【後藤】でもウツタインを使って先生のチームからBMJに論文出したし、先生も最近JACC(注2)出してたじゃないですか。
【松山】そうですね…。正直、世界的には「ウツタインからまだこんな研究出せるんや」みたいな驚きもあったかもしれないです笑

【後藤】なるほど。もちろんウツタインが素晴らしいデータなのは前提として、研究ネタとしては海外の蘇生研究者からすると「まあ、日本のウツタインで研究できる範囲は大体やりつくされたかな」みたいなのはある程度、共通認識的なところがあるということですか。
【松山】多分あると思います。僕が海外の研究者と絡むようになったのが4年前ぐらいなんですけど、初めてAHA&ILCOR(注3)の会議にたまたまゲスト的な感じで同席させてもらったんです。若手誰か連れてきてもいいよ、みたいな感じで。ILCORってガイドラインを作ってステートメントを出すところなんで、過去のエビデンスをまとめるためにシステマティックレビューの話をするんですよね。で、蘇生に対するアドレナリンの効果のシステマティックレビューをするっていう時に「日本は同じデータベース(ウツタイン)から、アドレナリンの研究15本あるけどこれどうすんねん」みたいな雰囲気になって…まあ。
【後藤】そうね…僕が初期〜後期研修医の時ぐらいにウツタインから色々論文出て、しかも真逆の結果だったりしたから議論巻き起こしてたね。
【松山】僕も使っているから何も言えないんですけど、会場は「同じデータこねくり回してコイツら…」みたいな笑。これは気道管理も同じで。だから蘇生領域の研究でもウツタイン使ってアドレナリンとか気道管理系はもう通らないなってみんな思っていたんですよね。

(注1)全国の消防隊が収集しているプレホスピタルにおける心肺停止患者レジストリ。オープンデータ。
(注2)循環器領域のトップジャーナル。
(注3)American Heart Association: 米国心臓学会。International Liaison Committee On Resuscitation:国際蘇生連絡委員会

1 2