新着記事一覧

【自社ウェビナー】救急医療のリアルと急性期治験の革新

TXP Medical株式会社(以下、TXP)は2月24日「救急医療のリアルと急性期治験の革新」と題したウェビナーを開催しました。第1部では、急性期における治験の課題整理と症例集積を促進する当社サービスについて、医療データ戦略部の萩野谷部長が紹介。第2部では、救急医療の現場オペレーションについて、現役の救急集中治療医でもある代表取締役の園生が紹介しました。

小児救急の道を歩む仲間を支援する教育と研究に取り組む

早くから小児救急の道を目指し、小児科専門医と救急専門医の両方を取得している弘前大学の野村理先生は、臨床と並行して医学教育研究にも取り組み、論文も多数発表されています。何をきっかけに小児救急に興味を持ち、医学教育にも力を入れているのか。詳しいお話を伺いました。

二足のわらじで見えた在宅と救急が連携することの必要性

日本の医療は、在宅医療と診療所を含む病院医療の両者で成り立っており、在宅と救急の連携が不可欠になりつつあります。具体的にはどのような連携が求められ、現場ではどのような対応が行われているのでしょうか。救急科専門医であり訪問診療と救急外来の両方で活躍されている井上淑恵先生にお話を伺いました。