新着記事一覧

二足のわらじで見えた在宅と救急が連携することの必要性

日本の医療は、在宅医療と診療所を含む病院医療の両者で成り立っており、在宅と救急の連携が不可欠になりつつあります。具体的にはどのような連携が求められ、現場ではどのような対応が行われているのでしょうか。救急科専門医であり訪問診療と救急外来の両方で活躍されている井上淑恵先生にお話を伺いました。

地域に求められる救急医としての幅広い知識と経験を求めて

松江赤十字病院に勤務する田邊 翔太 先生は、自治医科大学を卒業後、総合診療医として10年近くへき地医療に関わりながら、複数の三次救急医療機関で救急医療を学び、救急科専門医の資格を取得している。通常の勤務をしながら、どのように救急医としての勉強や経験を積み重ねてこられたのか、詳しいお話を伺いました。

救急現場のCT画像診断補助のための医療AI開発と実装に向けて

大阪急性期・総合医療センターに勤務する岡田直己先生は、臨床業務と並行して救急医療の現場を支援する医療画像AIの開発に取り組み、研究開発を社会実装するための会社も起業されています。内閣官房が推進するCOVID-19対策AIプロジェクトにも従事するなど、どのような活動をされているのかいろいろお話を伺いました。