新着記事一覧

おすすめ記事

日本発の心不全治療のエビデンス創出を目指す

少なくとも年間約30万人の入院患者がいるとみられている心不全。治療法はまだ固定しておらず、新たな治療法が次々に開発され、ダイナミックに変化しています。当社がEDC開発という形でサポートさせていただいております、急性心不全に対するSGLT2阻害薬の効果を検証する多施設前向きRCT”EMPA AHF研究”を中心に研究代表者の順天堂大学大学院循環器内科学講座の末永祐哉准教授にインタビューをさせていただきました。研究の背景から、研究者としての醍醐味まで幅広い記事になっています。

転倒による大腿骨頸部骨折は他にどのような外傷を伴っているか?

本研究では、転倒で受傷する外傷として重要度の高い股関節骨折の患者さんを対象にした記述研究です。著者自身が、股関節骨折の合併損傷に後々気付くと言う苦い経験をした際に感じた「実際にどの程度の頻度で合併損傷があるのだろう」という疑問を形にしました。 本研究を通して、約6%に合併損傷があることがわかり、頭部や上肢に多い傾向が示されています。股関節骨折はcommon diseaseであり、約6%に合併損傷があると言う事実は、救急外来での診療に役立つ内容ではないかと思います。

ICUでの抜管失敗の予測に抜管前の胸部レントゲン画像は有用か?

TXP Medical株式会社リサーチチームでは,医療データ分析コンペティションへの参加や公開データセットを用いた研究も積極的に行っています。今回は,国立シンガポール大学が主催したHealthcare AI Datathonにおいて Finalist & Outstanding Performance Awardに選出され,その後Critical Care Explorations誌から出版された研究論文を紹介します。

【自社ウェビナー】救急医療のリアルと急性期治験の革新

TXP Medical株式会社(以下、TXP)は2月24日「救急医療のリアルと急性期治験の革新」と題したウェビナーを開催しました。第1部では、急性期における治験の課題整理と症例集積を促進する当社サービスについて、医療データ戦略部の萩野谷部長が紹介。第2部では、救急医療の現場オペレーションについて、現役の救急集中治療医でもある代表取締役の園生が紹介しました。

小児救急の道を歩む仲間を支援する教育と研究に取り組む

早くから小児救急の道を目指し、小児科専門医と救急専門医の両方を取得している弘前大学の野村理先生は、臨床と並行して医学教育研究にも取り組み、論文も多数発表されています。何をきっかけに小児救急に興味を持ち、医学教育にも力を入れているのか。詳しいお話を伺いました。